オールインワンジェルは保湿力が決めて

オールインワンジェル 保湿力

オールインワンジェルを使い始めてしばらく経ちますが、

オールインワンジェルには様々なタイプがあります。

今回はオールインワンの保湿力について注目してみました。

 

オールインワンジェルの保湿力は

オールインワンジェルの保湿力を疑っている方もいるかと思いますが、

オールインワンジェルは普通の保湿用の化粧品よりも保湿力は高いんですね。

 

保湿力が最も高い成分は

 

セラミド

ヒアルロン酸

 

この2つはずば抜けて保湿力が高いんですね。

 

保湿力No,1はセラミド

 

現状ではセラミドは保湿成分の中ではダントツの保湿力です。

 

つまりオールインワンジェルの成分の中にセラミドが配合されていれば

保湿力は高いことが想像できるんですね。

 

でもここで一つ問題が。。。

 

セラミドというのは高価なんですね。

 

なのでオールインワンジェルに含まれていても少量だったり、

 

本当のセラミドではない、類似品だったりということもあるので要注意です。

セラミド1、セラミド2、、

のように数字が付いているものは類似品のセラミドです。

 

基本的に定価が安いオールインワンジェルにはセラミドは含まれていません。

 

ヒアルロン酸は高保湿力

 

 

セラミドと並んで保湿力が高いのはみなさんがよく耳にするヒアルロン酸です。

 

ヒアルロン酸はセラミドと比べると安価なので、化粧品などにも多く含まれます。

 

化粧品によく含まれているのは

 

ヒアルロン酸Naです。

 

ヒアルロン酸はコストパフォーマンスが高いので保湿成分としてはとても有効です。

 

今では本当に多くのオールインワンジェルが売られています。

 

保湿力の決め手になるのはこれら以外にもコラーゲンだったり、

ビタミンC誘導体だったりと様々な成分がありますから、

 

購入の際には是非成分にも注目してみるといいと思います。

 

お肌の乾燥とは

 

私たちの正常なお肌には通常20%から30%の水分が含まれていますが、

この水分量が20%を切ると乾燥肌になってしまいます。

 

水というのは通常でもどんどん蒸発して行ってしまいます。

水槽の水なども蒸発して少しづつ減っていくのがわかります。

 

まして冬などは湿度がかなり低いので、水分はどんどん蒸発します。

お肌に含まれる水分量もこれと同じで、乾燥する季節は要注意ですね。

 

お肌にはたくさん水分を与えても保湿にはなりません。

 

水分を蓄える保湿力が重要なのです。

 

その保湿力を補うのが、先ほどのセラミドやヒアルロン酸なんですね。

 

これらを多くお肌の内部に持っていればお肌の保湿力は保たれるのです。

 

オールインワンジェルにはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどを

含んだものが多数ありますので、その保湿力はかなり期待できます。

 

オールインワンジェルというとシミやシワに特化したものが多いのですが、

シミもシワも保湿力が多いうに関係してきますので、

保湿力に優れているということはとても重要なんですね。

 

実際に購入して保湿力が高いと思ったオールインワンジェルは?

 

私が実際に購入した保湿力が高いオールインワンジェルはこちら

↓↓↓↓

>>シミウスの口コミは本当なの?実際に購入したら効果は?

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました